【今日のご飯】ステーキ肉を簡単に柔らかくする方法

今日のご飯は、豪華にステーキ肉☆

 

実は、ちょっとした下ごしらえで、ステーキを簡単に柔らかくすることができるんです!

 

「手間がかかるのはちょっと面倒・・・」

「お肉を柔らかくする簡単な方法が知りたい!」

「早く焼いて、すぐに美味しい柔らかステーキが食べたい!」

 

という方は、簡単にできるのでぜひ参考にしてみてください♪

 



【今日のご飯】ステーキ肉を簡単に柔らかくする方法

今日はお肉が2割引きで安かったので、ちょっと奮発してステーキといきましょう!

 

ではさっそく、ステーキ肉を柔らかくする簡単な方法を紹介していきたいと思います。

 

ステーキ肉を簡単に柔らかくする方法

①ステーキ肉を冷蔵庫から常温に戻す

その時の季節によって、様子を見ながらお肉を常温に戻しておきます。

 

今回のような大きめのステーキ肉であれば焼く30分前くらいがベスト!

 

冷蔵庫から出したばかりのお肉だと、火の通りが遅くなってしまうので、こういったひと手間もかなり大事です!

 

②包丁でクロス状に切りこみを入れる

こんな感じでざっくりでOKです。

 

③底が平らな物でお肉を軽く叩く

家にある物で大丈夫ですが、できればプラスチックの取っ手付きのコップなど、あまり強い力が加わらず叩きやすい物がベスト!

 

なぜ底が平らなコップなのかというと、まんべんなく均一にお肉が叩けるからです。

 

まんべんなく叩くことで、お肉の繊維がほぐれ柔らかくなります!

 

また、お肉の面を平らにすることで、焼いたときに均等に火が通るようになるので、きれいな焼き上がりにもなります。

 

④お肉にフォークで穴を開ける

早くステーキが食べた過ぎて、今回この手順をすっ飛ばしてしまいましたが、お肉を柔らかくする大事な手順なのでお忘れなく!(笑)

 

ちなみに、あんまり開けすぎるとお肉がヨレヨレになってしまうので、適度にまんべんなく穴を開けることが大切です☆

 

また、フォークを下まで貫通させないようにするのもポイントです。

 

⑤両面に塩コショウを振る

ここでのポイントは、塩コショウはお肉を焼く直前に振りかけるということ!

 

直前でないと、塩分がお肉の水分を吸い取ってしまい、お肉が固くなってしまうので要注意です。

 

⑥いざフライパンにお肉を投入!

熱したフライパンにお肉を投入!

 

牛脂などがあれば牛脂、なければサラダ油をフライパンにひき、十分に温めてからお肉をいれます。

 

⑦焼き目が付いたらひっくり返し、赤ワインまたはお酒を入れて蓋をする

ここでじっくりお肉の中まで火を通します。

 

赤ワインやお酒はお肉のイヤな臭みを取ってくれます。

 

最後に蓋を取って、良い感じに焼き目が付いたら完成です!

 

ドーーーーーーンッ!!!!!

ドデカ柔らかステーキ肉の出来上がり☆

 

たまにはこんなプチ贅沢もいいものです☆

 

今回はスーパーの安売りステーキでしたが、下ごしらえをすることによって、お肉の繊維がほぐされ、柔らかく美味しく食べることができました!

 

やっぱり料理するときのちょっとしたひと手間って大事ですよね~

 

ステーキ肉を柔らかくする方法はたったこれだけ!

 

簡単で、時間が無い時でも手軽にできる下ごしらえなので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

もち
  • もち
  • 大阪住みのアラサー子なし主婦です。

    のんびりマイペースに自分らしくがモットー♪

    ハネムーンにてハワイ4泊6日の旅に行ってきました!

    LOVE ... 旅行 / 洋画 / コスメ / 海